テレビ業界に就職は難しい!理由3つと狙うべき会社を元プロが解説

就職

テレビ番組やドラマが大好きならば「テレビ業界に就職したい!」と考えますよね?

大手5局を狙う就活生は、難易度があまりに高くて驚くはずです。

少し調べれば、超難しい業界であることがわかります。

就職はどうして難しいの?

有名大学を卒業してないと無理かな?

自分には武器がないから、どうしよう?

なんとかテレビ業界へ就職するにはどうしたらいい?

と悩んでいませんか?

元アシスタントディレクターとしてお答えします。

難しい理由3つは

  • 大人気だし採用人数が少ないから
  • 面接回数が多いから
  • 学歴重視だから

厳しい現実を伝えると、有名大学を卒業しないと無理です。

なんとか就職するには、外注先(下請け)を狙いましょう!

運転免許を必ずとってください。

短期間で免許を取りたい方はこちら

元プロが、狙うべき会社と業界の実態を解説していきます。

テレビ業界への就職は難しい!理由3つ

大手テレビ局はあきらめろ!

  • 大人気だし採用人数が少ない
  • 面接回数が多い
  • 学歴重視

3つの理由から、大手テレビ局はあきらめましょう。

どんな職種であろうと

  • NHK
  • フジテレビ
  • テレビ朝日
  • 日本テレビ
  • TBS

「キー局」と言われる5局を狙うことは、不可能に近いです。

グループの地方局を狙う方法もありますが、こちらも難しいのが現実です。

大人気だし採用人数が少ないから

例えば、TBSは毎年30人くらい、テレビ朝日は毎年20人くらいを採用しています。

採用人数が少ないので、倍率は900〜1000倍と言われます。

知らない人はいない大企業ですから、大人気で高倍率の難関企業となります。

でももし就職できれば、平均年収は1000万円ほどと言われていますから高所得層です。

初任給も27万円くらいは普通ですから、高い給料が期待できます。

面接回数が多いから

一般的には1次〜3次面接くらいまでありますが、8次面接くらいまである場合があります。

とても長い選考スケジュールになり、気合と根気が必要です。

映像業界に対する深い理解と、徹底的な企業研究が求められます。

学歴重視だから

学歴フィルターはあると考えましょう。

有名大学でないと、会社説明会に参加することすらできません。

応募条件には、「大学院・大学・短大・専門学校・高等専修学校卒業見込み」となってたりしますが、現実は有名大学もしくは有名大学院を卒業しないと無理です。

専攻科目は関係ないことは確かですが、特に最初の書類選考は学歴重視だと言われています。

勘違いするな

  • インターンシップは有利
  • ADやディレクターになれる
  • カメラマンになれる

「製作」という言葉を勘違いして理解しないようにしてください。

AD(アシスタントディレクター)やカメラマンは、外注(外部委託)がほとんどです。

もしあなたがADなどの製作職や、カメラや編集などの技術職を目指しているなら、勘違いです。

テレビ局に就職することは間違っていますから、注意してください。

インターンシップは有利

インターンシップ(職業体験)に参加しても、書類選考や面接で有利にはなりません。

応募して抽選から外れても、気にすることはないです。

ADやディレクターになれる

外注(外部委託)がほとんどです。

例えば、TBSの募集職種を調べると「一般職(クリエイター、ジャーナリスト、ビジネス)」となっています。

クリエイターは、ADやディレクターではありません。

あなたの仕事は、企画を考え、新規ビジネスを考えて予算を組むことです。

予算に合わせてスケジュールを作り、外注先を探すことです。

将来のプロデューサー(最高責任者)を求めている、と考えてください。

カメラマンになれる

外注(外部委託)がほとんどです。

就職しても

こんなことをすることはありません。

あなたの仕事は、企画を考えて取材し、新規ビジネスを立ち上げることです。

勘違いしないようにしてください。

応募すべき会社

新卒サイトで「番組制作会社」と検索しましょう!

具体的に6社をご紹介します。

製作職(ADやディレクター)

  • ザ・ワークスホールディングス
  • ブリングアップ史
  • ディ・コンプレックス

技術職(カメラや音響)

  • NHKテクノロジーズ
  • 泉放送制作
  • IMAGICA GROUP

ざっくりと紹介していきます。

ザ・ワークスホールディングス

アシスタントディレクターの募集です。

マイナビからエントリー可能

ザ・ワークスホールディングスのウェブサイト

正社員ではなく契約社員で、初任給は186,902円です!

ブリングアップ史

アシスタントディレクターの募集です。

マイナビからエントリー可能

ブリングアップ史のウェブサイト

正社員ではなく無期雇用派遣で、初任給は211,000円です!

ディ・コンプレックス

アシスタントディレクターと、経理や人事などの一般職の募集です。

マイナビからエントリー可能

ディ・コンプレックスのウェブサイト

アシスタントディレクターも一般職も、初任給は270,400円です!

NHKテクノロジーズ

放送インフラや情報システムに関わる技術職を募集しています。

リクナビからエントリー可能

NHKテクノロジーズのウェブサイト

初任給は約200,000円です。(最終学歴によって違います。)

泉放送制作

アシスタントディレクターとカメラマンなどの技術職の募集です。

マイナビからエントリー可能

泉放送制作のウェブサイト

初任給は約230,000円です。(最終学歴によって違います。)

IMAGICA GROUP

グループで総合職を募集しています。

マイナビからエントリー可能

IMAGICA GROUPのウェブサイト

配属先によって、編集や開発などの技術職を目指すこともできますし、営業なども目指すこともできます。

初任給は、配属先や最終学歴によって違います。

業界は外注ばかり

「外注」とは、「外部の会社に発注すること = 外部委託」です。

いくら大手5局でも、テレビ番組を自社だけで制作することはありません。

実態としては、外注(外部委託)ばかりです。

狙うべき会社は、委託先の会社(下請け)なのです。

学歴は関係ないですし、大手テレビ局よりも難易度は低いです。

番組制作会社を狙うのが現実的ですし、あなたの興味のある仕事が見つかりやすい可能性があります。

なんとかテレビ業界に就職したいのであれば、外注先(下請け)を狙いましょう!

給料と待遇は悪くない

結論として、大手5局より落ちます。

ですが、大手5局の給料と待遇は良すぎますので、普通になると考えてください。

令和元年の調査では、大卒の初任給平均は213,100円です。

例えば、TBSの初任給は約270,000円ですので、かなり高めです。

NHKのグループ会社であるNHKテクノロジーズの初任給は、約200,000円です。

そんなに悪くないですよね?

たとえ給料は安いとしても、経費はでますから通勤費などは支給されます。

新卒サイトに広告を出している会社は、社会保険完備がほとんどです。

給料と待遇は悪いですか?普通ですか?

このように、給料と待遇は悪くありません。

運転免許をとれ!

もしまだ運転免許をとっていないなら、就職前に必ずとりましょう!

短期間で免許を取りたい方はこちら

企業の応募条件に必須の場合がありますし、テレビ業界へ進まないと判断した場合でも、就職活動では幅広く役立つ資格です。

学生の場合は、現時点で持っていなくても応募はできる場合が多いので、「現在取得中」とアピールしましょう。

就職前に取得すれば間に合います。

専門学校の場合は在学中にさまざまな資格が取れますが、全くとらなくても問題なく就職できます。

短期間で免許を取りたい方はこちら

運転免許だけで困ることはありません。

まとめ

テレビ業界への就職は難しいです。

特に大手テレビ局は不可能と考えてください。

なぜなら

  • 大人気だし採用人数が少ないから
  • 面接回数が多いから
  • 学歴重視だから

ですが、実態としては自社だけで製作することはなく、下請け企業(外注先)に大きく依存しています。

大手から番組制作の発注を請け負う、番組制作会社を狙いましょう。

例えば、

給料と待遇は悪くありません。

就職前に必ず運転免許をとりましょう!

短期間で免許を取りたい方はこちら

繰り返しですが、テレビ業界への就職は難しいけれど、なんとかなります!

この記事が、「テレビ業界に就職したい!」という学生の役に立つと嬉しいです。

以上、「テレビ業界に就職は難しい!理由3つと狙うべき会社を元プロが解説」でした。

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村


タイトルとURLをコピーしました