映画監督になるには?進路2つを比較 あなたはどっち派?

就職

映画監督になりたい大学生、あるいは短大生のあなた。

映画監督になって、自分のオリジナル作品を発表して有名になりたい!でも、映画監督になるにはどうしたらいいかな?学歴とか専攻が重視される世界で、映像系の学校でしっかりと学ばないと就職できないのかな?

と就職に悩んでいませんか?

普通の職業ではないので、どうしたら進路を選べばいいかわからないし、就職支援課に聞いてもわからないですよね?

元映像業界でアシスタントだった人間として、お答えします。

王道の進路は2つ

  • 卒業してから映画制やテレビ、 CMの制作会社へ就職
  • 自主制作映画を映画祭へ出品する

最終的には、オリジナル作品を発表したいですよね?

経験を積んでからゆっくりと考えて作りたいなら前者です。

いきなり作りたいならば後者です。

映画監督のそばにいた、元プロとして解説します。

王道の進路2つを比較

映画やテレビ、CMなどの映像制作会社へ就職する

専門学校や大学を卒業後、映画やテレビなどの制作会社へ就職して下積みします。

スタッフとして映像制作の基礎を叩き込まれます。

大手テレビ局には、演出部がある場合があります。

希望部署に配属されるとは限りませんが、雑用をしまくって、とにかく下積みです。

欠点

費用がかかる

専門学校や芸術学部が有名な私立大学への編入は高額です。

例えば、「日本大学 芸術学部 映画学科」は712万円かかります。

大学や短大を卒業してから専門学校へ進学も可能ですが、

2年間で200〜300万円くらいかかります。

時間がかかる

下積み経験が何年かかるか想像がつきません。

ひょっとしたらできない可能性もあります。

一生に一度はオリジナルを作りたいと考えるなら、自主制作が早いです。

学生時代に映画祭へ出品

自主制作映画を発表して、監督デビューします。

映画祭は、プロアマ問わず出品できます。

国内の映画祭検索サイトはこちら

もちろん、海外へも出品できますが、ハードルが非常に高いのでお勧めしません。

欠点

費用がかかる

自費とメンバーからの集金を合わせて、撮影や俳優に報酬を払うなりすると、あっという間にお金は無くなります。

その都度、自費とメンバーからの集金を繰り返すと、とんでもないことになります。

制作会社から依頼されて制作する

たとえ、最優秀賞を取るなどして認められても、オリジナル作品ばかり制作できません。

CM(コマーシャル)やミュージックビデオなどの監督を依頼されます。

制作会社にコネを作りながら、あなたのオリジナル作品を営業していくことになります。

つまり、「私のオリジナル作品はどうですか?出資してくれませんか?」と頼み込むことを繰り返します。

最終的にはフリーになる

王道以外にも方法はありますが、どんな道でも、最終的にはフリーランス(会社に所属しないフリーター)になるのが一般的です。

有名な映画監督と言えば誰ですか?

あなたが思いつく有名監督は、みんなフリーターだと考えましょう。

学部や専攻は関係ない

例えば、法学や看護、音楽専攻でもテレビ制作会社に就職できます。

この点は、一般企業と同じですので、ご安心ください。

資格も必要ないので、どなたでも映画監督になることができます。

一般企業と同じで、運転免許は必須の場合がありますので、必ずとりましょう。

合わせて読みたい記事

有名な会社とよくある勘違い

有名な会社

検索すれば簡単に見つかる制作会社をご紹介します。

他にもいっぱいあるので、学校の求人や新卒サイトで検索しましょう。

  • 株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 株式会社博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
  • 株式会社シネバザール
  • 株式会社共同テレビジョン
  • 株式会社テレビマンユニオン
  • NHKエンタープライズ
  • 株式会社サムシングファン
  • 株式会社ピクト
  • 株式会社VECKS.
  • 株式会社ランニング
  • 株式会社GOEMON.
  • 株式会社東北新社

配給会社で映画監督にはなれない

3大大手として有名な【東宝・東映・松竹】に就職しても、映画監督にはなれません。

応募書類に「映画監督を目指す」などと書くと、100%落ちます。

ただし、プロデューサーを目指すことはできます。

広告代理店で映画監督にはなれない

電通・博報堂・葵プロモーションなどに就職しても、映画監督にはなれません。

応募書類に「監督になって、CMを撮ってみたい」などと書くと、100%落ちます。

CM の企画や営業をするのが仕事です。

お金持ちにはなれない

有名になってもお金持ちにはなれません。

お金持ちになりたいなら、プロデューサーを目指しましょう。

プロデューサーは、資金集めが最も重い責任であり、映画という企画の最高責任者です。

どんな仕事内容?

最も責任が重い部分は、作品の方向性(要するに「演出」)を決めることです。

船で例えるなら、船長を勤めます。

作品のテーマは何であり、テーマを伝えるために演出を考えるのです。

例えば、あるシーン内で主人公がお茶を飲むシーンがあったとします。

小道具スタッフがさまざまなメーカーの、さまざまな種類のお茶を用意しています。

「監督、どのお茶にしますか?」と聞かれます。

「そんな小さな小道具なんかなんでもいいじゃないか」と思うかもしれないですが、人物設計から考えて、何を飲むかを決めなければなりません。

「なんでもいい」と絶対に言ってはいけません。

非常に緻密で厳密な演出プランが求められます。

とても重い責任のある仕事です。

でも、やりがいは最高です!

その他の例を挙げると、

  • 企画構成
  • 脚本作成と修正
  • クライマックスの設計
  • テーマ曲選び
  • BGM選び
  • 宣伝

など非常に多いです。

初期段階から編集や宣伝など、最初から最後まで全て関わります。

とにかく全部やる、と考えてください。

まとめ

王道の進路は2つ

経験を積んでから、ゆっくりとオリジナル作品を考えたい場合

卒業してから、映画やテレビ、CMなどの映像制作会社へ就職する

いきなりオリジナル作品を作ってみたい場合

メンバーを集めて自主制作映画を作り、映画祭に出品する(ただし、自費)

学歴や専攻は関係ない世界です。

特別な資格は必要ないですが、運転免許は役に立ちますので必ず取りましょう。

全国の自動車学校情報

仕事内容で最も責任が重い部分は、作品の方向性を決めることです。

とても大変ですが、やりがいは最高です!

この記事が、「映画監督になって、自分のオリジナル作品を発表して有名になりたい!」と夢を抱き、就職を悩んでいる大学生や短大生の役に立つと嬉しいです。

以上、「映画監督になるには?進路2つを比較 あなたはどっち派?」でした。


タイトルとURLをコピーしました